ダダと刑事の運命劇場

シン・アスカと修二と彰。
コメント・TBはお気軽に(´∀`*)
<< 赤竜と隻眼の男は歌う | main | SUIT CD Vol.7 アウル・ニーダ×スティング・オークレー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ドラッグオンドラグーン2 プレイなんたら、そのなな
1週目終わりました。
2週目・・・敵、固ッ。そして敵の攻撃、強ッ。
1週目ノーマルでやったので、2週目も楽勝・・・とか思ってた自分が
甘かったです。無理だ・・・ありゃ。フリーミッションで既に泥沼。
天時の直轄区:地上で武器とノウェ以外のレベル上げすっかと思って
軽い気持ちで入ったら、10回くらい重騎士に惨殺されてゲームオーバー。
かれこれ1時間くらい挑み続けました。
強い武器も持って無く、ノウェレベル53、他キャラ20台で
挑んでも挑んでも惨殺。自分の下手クソ・・・!!
しかも、ゲームオーバーになっても経験値の引継ぎがあるものだから
やめることも惜しくて。銀の鳳蝶やっとレベル3!!頑張る!

・・・以下は1週目エンディングまでのネタバレです。
うっかり泣きました。
レグナ、レグナー!!ええ父ちゃんだったやんか!!
DOD1のCエンドに似ていますね。アンヘルがカオスになるやつ。


●11章は、オール( ゚Д゚)ポカーン
●子供マナたん素敵ー!!クスクス
●子供マナがいなきゃDODはつまんねーな。
●そして、子供マナたんを引っ張るカイム様。
●やっぱ王子カッコイイやー!!
●アークドラゴンナイスです。カコイイ。

●12章は父VS子。子の反応がアッサリしすぎです。
●ゴーレムVSアークドラゴン。凄い、ゾクゾクするようなムービーだった。
●マナたんのチッスでノウェ覚醒。
●レグナの最終形態微妙ですね。あんまカッコくないや・・・
●覚醒ノウェVS父。このやりとりに泣いた・・・
●しかも音楽は『ひとり』。泣くなって方が無理。
●と思ったら、ノウェったら父を殺ったあともアッサリ。
●『父という存在を超えてきたよ。』は?
●まわりも、もう少し気を使え。
●え、エリスたん?デモ見ててそうかなーとは思ってたけど!
●え、えええ、え?マナたんもノウェもそれでいいの!?
●マナたんもノウェも邪魔者(エリスたん)消えてラブラブです。
●青空と美しい草原です。2人は幸せになります。



ってゆうか、なにこれ。これ、DODなの?酷くない?
11章、12章の最初あたりまでの黒さは良かったと思うが。
あと、異形の者どものデザインが今回もキモくてよかった。
EDは最悪ですね。



レグナ・・・あまりにも報われない。

ノウェはレグナを本当の父のように慕っていた。
レグナもそれを知っていた。利用するなんて言ってはいても、
ノウェと戦うことは辛かったろう。ノウェも同じだ。
レグナはオローに嫉妬していたんだろう。
最期、『父』に似たな・・・という台詞がすべてだとおもう。
人として生きたいと願うノウェには、レグナの想いは届かないのだ。
レグナとノウェ2人の、『父子』の思い出を、懐かしげに口にするレグナ。
ノウェは自分が竜だと、レグナのようなドラゴンになると信じていた。
レグナなりに、そんなノウェを愛しく思ったに違いない。
オローが『人としての父』となってから、ノウェは人として生きることを
望み始めた。レグナの中には複雑な気持ちもあっただろうが、
『神竜族の復活』という大きな目標を掲げるレグナは、そんな気持ちも
自分の中で『くだらぬ、』と斬り捨てて押し殺していたのだろう。
そして、ノウェが真人類として覚醒すべき時をむかえた。
レグナは自分と共に来い、とノウェに言った。
『神竜族のため、真人類として生きるのだ』と。
しかしノウェは拒否した。
ノウェは、そんな気持ちは無いにせよ、竜のための生---レグナではなく
人としての生---オローを選んだのだ。
最終的にレグナがノウェを殺そうとしたこと、
父として自分が選ばれなかったという歯がゆさも
原因の一つとしてあったのではないか。
竜として、血の記憶を重んじるレグナにとって、
『父』としての記憶や感情など軽く、それに思い入れることは
レグナには全く不可解なことである。
しかし、そう思っていてもなお感じるノウェへの苛立ち。
理解できぬ感情を晴らすための手段として、ノウェの命を狙ったのだろう。
だが、覚醒したノウェはレグナを討った。レグナを超えた。
そのことにもまた、レグナは不可解な感情を抱いていたに違いない。
ノウェによって目的の実行は妨げられた。しかしそれは『息子』の
成長であり、ノウェが父である自分を超えたことをどこか嬉しくも
感じていたであろう。
レグナは、そんな不可解な満足感に包まれて逝ったのだと。

勝手にこういう解釈をしています。
レグナ、好きだ。
アンヘルとカイムのことを考えると複雑だけど・・・
最期まで素直じゃない父でした。
『ひとり』はカイアンだけでなく、レグノウェソングでもあるな。
レグナとノウェも、もういちど幼き日々にかえりたいのだと。
もういちど父と子としてはじめられるのならば、
レグナはきっとノウェのことを放さないだろう。
別々の道を歩まぬように。



やべ・・・泣けてきた。涙止まらないよ・・・レグナ・・・。
ノウェ、どうか『竜の父』のことを忘れないでいて。



いまだにアンチマナたんです。反省しろ。
Bエンディング、Cエンディングもあまり楽しみじゃないよ・・・
レグナが幸せになれるエンディングがあるといいな。
| ゲーム | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:53 | - | - |









http://phantompain.jugem.jp/trackback/25

# CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
# RECOMMEND
# PROFILE
# OTHERS